赤心堂病院

埼玉県川越市脇田本町25-19
049-242-1181

社会医療法人社団尚篤会 赤心堂病院

診療科・部門

臨床工学科

特徴

当科の業務内容は、機器管理業務を初めとしてカテーテル検査室業務、血液浄化業務、超音波検査業務、手術室業務、ペースメーカー業務と多岐にわたります。
現在スタッフは6名(男性3名、女性3名)で、各スタッフが得意とする分野の資格を取得し、日々業務にあたっています。

業務内容

機器管理業務

院内で使用する医療機器は治療上または生命を維持する上で重要となっています。これらの機器を定期的に点検することにより安全に使用できるように努めています。
また、院内スタッフ向けに各機器の情報提供や勉強会を開催し、安全に使用するための環境を整えています。

 当科が管理する主な医療機器

生体情報管理モニタ25台、AED 9台、除細動器6台、輸液ポンプ37台、シリンジポンプ23台、 人工呼吸器3台、ネーザルハイフロー2台、インスピロン4台、BiPAP1台、 麻酔器5台、電気メス10台、閉鎖式保育器4台 etc...

 点検・修理実績(2015年度)

点検:6504件  修理:212件

カテーテル検査室業務

カテーテル検査室では冠動脈治療やペースメーカー植込み、シャントPTA等を行っており、医師や看護師、放射線科と連携して治療にあたっています

 実績(2015年度)

CAG:54件/PCI:180件/EVT:28件/PMI:10件/PMex:3件/シャントPTA:162件

血液浄化業務

多人数用の水処理装置と個人用透析装置が2台あり、治療目的に入院した透析患者を受け入れています。そのほかにもエンドトキシン吸着や腹水濾過濃縮などの特殊透析も行っています。

 実績(2015年度)

透析:42件/エンドトキシン吸着:2件/腹水濾過濃縮:5件

透析室での超音波検査業務

透析を行うにあたりシャントの管理は欠かせません。シャントとは透析をするために針を刺す部位をいい、この部位の血流が弱いと安定した透析が出来なくなります。
当科では定期的なシャントエコーを行い、シャント評価に役立てています。
また、関連施設である上福岡腎クリニックにおいてもシャントや心臓、頚部のエコー検査や心電図検査、ABI検査も行っています。

 実績(2015年度)

シャントエコー:309件/上福岡腎クリニックエコー:188件

ペースメーカー業務

当クリニックのペースメーカー外来でペースメーカーチェックを行っています。また、ペースメーカーが植え込まれた患者が当院で手術をする際には、安全に手術が行えるよう手術に立ち会っています。

 実績(2015年度)

ペースメーカーチェック:144件

手術室業務

2016年6月より手術室業務が加わりました。
手術室では多様な機器が使用されるため、機器側の安全を担保することによりさらに安全な手術を行える体制を確保していきます。
現在は主に内視鏡を使用する手術に立ち会い、機器の設定や点検を行っています。また、使用中の機器に不具合が発生した際にも対応にあたっています。

スタッフ

男性|3名 / 女性|3名 / 合計常勤|6名

取得免許 臨床
工学技士
臨床
検査技師
透析療法
認定士
呼吸療法
認定士
日本心血管
インター
ベンション
技士
臨床ME
専門認定士
男性 2 - 1 - 1 1
女性 2 2 2 2 1 -

お問い合わせ

部署名|臨床工学科
e-mail|rinsyoukougakuka@sekishindo.or.jp

  • 赤心クリニック
  • 赤心堂総合健診クリニック
  • 上福岡腎クリニック

PAGE
TOP